ケンコーミサトっ子の「草履で覚える正しい姿勢。幼稚園からぞうり育を始めよう!」ページです。
保育園・幼稚園関係者の方はこちら オンラインショップ コマイル
ミサトっ子楽天ショップへ mamartショップへ

草履で覚える正しい姿勢。幼稚園からぞうり育を始めよう!

「草履をこどものうちから履いて過ごすと健康にいい、姿勢がよくなる」という話を聞いたことはありませんか?近年では草履の健康効果を期待してこどもに普段から草履で生活させることを『ぞうり育』と呼んでいます。

幼稚園でぞうり育を取り入れるところも増えてきています。園内にいる間は草履で過ごしてもらうという感じですね。

草履を履いて園庭を走り回ったり、ドッチボールをしたり、木登りをしたり、これだけで草履の健康効果が期待できます。

「ぞうり育っていったいどんなもの?」
「草履を履いて過ごすことで、こどもにどんな良い効果があるの?」
などなど、ぞうり育に興味津々のママさんのために、このページではぞうり育についてご紹介していきます。

姿勢の悪さや身体の歪みが影響して起こる足の健康問題

人間はもともと生まれた時から身体の歪みが多少はあります。その歪みを放置したままで成長・運動を続けていくと、歪みはどんどん広がっていくと言われています。

現代では足に負担の少ない靴が増えていることや、こどもの運動量が減っていることで土踏まずの形成がしっかりされないこと、足をしっかり使わないことで浮足になっていることが多くなっています。

こうした歪みは骨盤の歪みになり、猫背などの姿勢の悪さにもつながってきます。外反母趾などの足の歪みの原因にもなります。

姿勢が悪いと体にはどんな悪影響が?

姿勢が悪いと、集中力が低下したり、運動能力が低下したり、肥満になりやすくなるとされています。

体内に取り込む酸素が減ってしまい、血流が悪いということが起きるためです。集中力が低下すれば学力にも影響し、運動能力が低下すれば健康にも影響してきます。

近年ではこどもでもゲーム機やスマートフォンを使うため、姿勢の悪さを助長しています。なのでよけいにこどもの姿勢については気をつけていきたいところです。

草履を履くことで正しい姿勢を覚えられる

土踏まずが未成形のこどもが、年々増加しているというデータがでています。

こどものうちに足をたくさん使うことで、土踏まずを成形することができます。しっかりと健康な足を作ることで、姿勢の悪さを治すことにも繋がります。

健康な足を作るために、足をたくさん使うのに最適なのが『草履』なのです。

草履を履いて歩いて足裏の筋肉力アップ

草履を履いて歩くことで、足の裏全体を使ってしっかり歩くことができます。足の指や付け根を使わないとうまく歩けないからです。

足の裏の筋肉をしっかり使うことで発達し、土踏まずの形成に大きく影響してきます。

踏ん張る力も増え、転びにくくなったり速く走れるようになったりという運動能力向上効果も期待できます。

健康で強い足は姿勢がよくなる

足全体の筋力が強まると、体の歪みを改善する働きがあると言われています。

土台がしっかりすることで骨盤や背骨の歪みが減り、正しい姿勢を取りやすくなるということです。

こうして正しい姿勢を覚えると、集中力が増え学力意欲が湧く、情緒が安定する、疲れにくくなるということがわかっています。

姿勢をよくすることはいろんな良い効果をもたらしてくれるのです。

草履を履くメリット

草履は裸足でスポッと履けるので、こどもが履きやすいという利点があります。

最近では草履と同じように履きやすいラバーサンダルもありますが、引っ掛けてはくだけのサンダルは足の裏の力を使うことができません。そのため、草履とは逆に摺り足になってしまう可能性があります。

靴の中でしっかりと足が固定していなければ足の成長を邪魔してしまいます。こどもは足が大きくなるのが早いので合わせていくつも靴を買い換える手間もあります。

草履であれば多少足が大きくなってサイズが変わってしまっても、靴ほど大きな影響がありません。靴よりも長い期間は履かせられるという点も、お母さんにとってはメリットになるのではないでしょうか。

草履を生活に取り入れる際の注意点!

1つだけ注意点としては、草履はクッション性が少ないものがあります。なので、アスファルトなど硬い地面を長い時間歩くと足に疲れや負担がかかることがあります。

ぞうり育に使う草履を選ぶ時は、クッション性が高く、履き心地のよい素材でできているものを選ぶようにしましょう。

状況に応じて靴を履かせたり、草履でも靴下を履かせたりするなど対策するのが望ましいでしょう。

まとめ:幼稚園からのぞうり育で健康な体に

草履を履いて正しい姿勢を覚えることで、健康な体になるということがおわかりいただけたと思います。

大人になってから猫背や骨盤の歪みを直したいと考えると、かなりの苦労を強いられます。発達中のこどもの頃から足をしっかり鍛え、体の歪みを減らし、正しい姿勢を覚えることで、後の人生に大きく影響してくることでもあるのです。

ぞうり育はママさんも一緒に草履を履いて歩くこともできます。親子でおそろいの草履を履くのもステキですね。

足の裏を使うことは血行がよくなるので、冷え性やむくみに悩むママさんにとっても健康に良い履き物です。

健やかなこどもの成長のために、ぞうり育を取り入れてみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーのおすすめ記事

  • スリッパを草履に変える家庭内ぞうり育で守る子どもの健康

    おしゃれな子ども服が流行すると同時に広まった子どものハイヒール。「健康に悪そうだけど子どもがやめてくれない」と不安を感じているお母さんも多いのではないでしょ……

  • 子ども草履の選び方。健康に良い草履の条件は?

    子どもが草履を履くことで得られる効果は広く知られるようになってきました。 土踏まずが未成形のままにならないようにするため、外反母趾を予防するため、血液の循……

足にこんな特徴ありませんか? 選ばれる理由 幼稚園・保育園に導入を
お考えの方へ
ページトップへ